『転職したい!』と思っていて、未来の進む道もハッキリしているのなら、…

転職詐欺|『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるな…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職したいことをはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本音を言うと、仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、うまくいきませんでした。やっぱり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に心の底から困ってしまいました。

転職詐欺|転職サイトおよび転職エージェントを使用して、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動される人は多くなってきました。そうとはいえ、より確実に良い仕事を探したいのであれば、それに並行して転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加したのなら多くの企業について知ることができ、その上、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の個性を伺えるはずです。これから、転職フェアに参加するのであれば、1次面接に行くつもりでしっかりと自分をアピールしましょう。もしもフェアを通して自分の能力や人柄が評価されれば、その後応募して面接の本番時にかなり有利になると期待できます。

転職詐欺|とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格しました。2、3日して…

ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。2、3日して相手方から面接の日時を教えてもらいました。にもかかわらず、面接日当日、指定場所まで行ってみると、なぜか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、だるそうな対応の状態のままなんとか面接を終えました。けれども、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、ガマンできなくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方がないので再度質問したところ、驚くことに、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったとホッとしています。

現在は、株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得た・・

今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活費を稼いだり、独立といった形で生きる方法も人気です。そういった移り変わりもあり、「自営業は不安定であぶない」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている際には、先の見えない株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが賢明でした。人生のもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように社会に認識されていました。過去はありますが、いまの社会は「成熟期」ともいわれます。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

転職詐欺|昔から日本には”石の上にも3年”という諺があります…

古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。しかし、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、やたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に転職しようと考えるなら、適したを的確に捉える必要があります。はじめに、今現在の職場、自分の置かれている立場などについて、不満を強く感じていることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探してみてください。こうすることによって、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、決断を早めにし、よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。

転職で、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてほし・・

転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてもらいたいポイントがいくつかあります。一般的に派遣という言葉を聞くと、電話対応、その他雑用等をなどの業務をイメージされることがおそらく多いはずです。実は私自身もそう思ってました。「派遣社員」の募集に応募した際にも、「メインの業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかしいざ入社したとたん、まさか辞めた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とはかなり違っていたのでかなりきついです。とにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、現在の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間でも今までにない社会的な変化が増えつつあります。その変化が加わり、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会的な問題として取り上げられています。ここ最近では、「外国人の労働者」の割合を今以上に高めていく前提と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用状況や転職事情も大きく変わっていくのは確実といえます。