かつて結婚相談所に入会していた際、お見合い向けの写真…

結婚詐欺|かつて結婚相談所に在籍していた頃、相手のお見合い用に用意された写…

  • 私が結婚相談所に入会していた頃、紹介してもらった相手のお見合い用の写真と実際に見た姿との差に驚いたことは少ないわけではありませんでした。女なので、紹介してもらっていたのは男性なのですが、特に髪の量がなぜか全然異なることがあります。待ち合わせの際に相手を見つけ出すことができないほど、写真より頭髪のボリュームがあからさまに少ないのです。(髪の毛で顔の印象も違ってきます)このような出来事を責めるつもりはないのです。また、髪の毛の量が少ないことが嫌だというわけでもないし悪いとは言いません。でも最初に相手が目にする「写真の中に偽りがある」というのは、信頼関係に亀裂が生じるのでは?と思うのです。そもそもお見合い写真を撮る際に髪の毛をそうしたボリュームにできるのならば、お見合いの当日にも一生懸命頑張ってセットしてきてもらいたいし、もし、それができないのなら最初から本当の髪型で小細工せず勝負するべきではないのでしょうか。相手がそんな男性だと、騙されたような気持ちになって、お見合いに関しても気持ちが入らなくなります。男の人はよく考えて私と同じように感じる女性は多いと思います。ですから、男の人はよく考えて写真を撮った方が好ましいと思います。
  • 「子供も持ちたいし、結婚はするつもりではいるけど、今はまだ婚活をするには早いかな…」…

  • 「いつかは子供も持ちたいし、結婚するつもりではいるけど、今はまだ結婚活動をするのは早いかも」と思っているのなら、それは間違いです。また、あなたが女性ならば、できれば、20代のうちに結婚活動をしておいても損はありません。世の中は20代と30代とを比べると、需要が大きく異なります。当然若い方が婚活ではかなりの武器となり、自分の理想に合致した相手と出会うチャンスもとても高いのです。さらに、婚活は自身で予測している以上にパートナーに出会い、結婚するまでの時間が掛かります。婚活を数年繰り返していても、あなたの理想とする相手に恵まれないというような事はざらにあります。そういった理由から、あとで「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、早期に対策を講じておくのが良いかもしれません。
  • 以前、婚活が目的のパーティーに参加して知り合った男性がいました。

  • 以前、婚活が目的のパーティーに参加してとある男性と出会いました。しかし、その人は、仕事について嘘をついていました。プロフィールの欄には、職業は医師で年収は1,200万円、ということだったのですが、それが嘘だったのです。当然のことながら、その嘘について私も含め、知る人はいませんし、そのパーティー参加者のなかの男性の収入に関心がある女性たちからは、とても注目されていました。その中から運良く(その時点ではまだ事実を知らないので)気が合い、無事にカップルになれたのですが、仕事についての会話をしようとすると、相手が話題を変えたがる雰囲気に・・・。「どうも怪しいな」と感じ始めた私は、「友人が同じ病院にいるけども、その人、あなたのことを知らないよ?」と訊いてみると、医師というのは真っ赤な嘘で本当はフリーターであることを白状しました。もちろんこれ以上付き合う意味はないと判断し、別れました。
  • いつもの私は、明るく、ポジティブなタイプですし誰と会話しても意思をハッキリ伝えています。

  • 日常の私は、とても明るく、ポジティブなタイプですし相手が誰であっても意思をハッキリ伝えています。婚活目的のパーティーでは、慎ましやかなかわいらしい女性を演じてみたかったのですが、私の性格上、結構難しいんです。何よりも、普段の自分とは違うからか自分で自分を恥ずかしいと感じることもありました。しかし一度だけ、とある結婚活動目的で行われるパーティーに行った際は、控えめな女性を最後まで演じることができました。周りが知らない人ばかりという事もあり、勇気を出して、「聞き上手」な人になってみました。普段の私は、かなり話すようにしていましたが、自己紹介タイムからフリータイムまでわたしからは話さずに相手が話をするのをニコニコしながら聞くだけ、という実にシンプルな態度を取りました。本当の自分と全く違う態度が意外と効果絶大でした。
  • 結婚詐欺|結婚活動でするパーティーには、色んなカテゴリのものがありますが、普通…

  • 結婚活動でするイベントというものでは、普通は男性は結婚するために女性を見つけに来て、女性は男性を探ししに来るというのが前提にはなっています。ですが、驚くべきことに、ごくまれに同性を探す意図でに参加している人がいます。なぜかというとどこをどう見ても、見る目が違うので、この人は異性の相手を探しに来ているわけではないし同性の相手を探しに来ているのだとはっきり確信する時があります。もちろん稀ですが、実際、過去に1~2組、目にしたことがあって、その人は、異性と会場をあとにするのではなく、同性と会場を出てそのままラブホに入っていく光景を目撃したことがあります。そんなことも、稀ではあってもあるので参加者である同性の動向にも注意しておきましょう。
  • 結婚活動(婚活)しようと考えているなら、最低限のマナーとして・・

  • 結婚活動(婚活)しようと考えているのでしたら、基礎として、女性として、身に付けるべきこと、があります。それは、お箸の持ち方とただしい言葉遣いやしぐさです。もしも、できていないと思うなら、今からでも遅くはないので学んでおきましょう。なぜならこれらの動作は、どのような環境で育ってきたか、そして、きちんとマナーを心得ているかを相手は判断材料としますし、美しい所作は生涯のパートナーとなったときにも男性側は恥ずかしい思いをせずに済む、と考えるからです。このことから、結婚活動での結果にも大きな影響を与えるはずです。ですから、本気で婚活をしようとお考えであれば、このようなことを肝に銘じて行動するようにしましょう。ファッションや、メイクなどの外観も重要なことですが、それ以上に、男性が気にしている部分があることを決して忘れないようにしてください。
  • 結婚詐欺|ネットの婚活サイトに入会し、そこで見つけ、気の合う女性…

  • ネットの婚活サイトに入会し、そこで出会って、意気投合した相手と主人の友達が、ついこの間、結婚しました。男性側は旦那と年齢があまり変わらず(主人は40をとっくに過ぎているのですが)周りの人からは、「もう結婚はしない」なんて思われていました。ですが、実際には独身生活を満喫したいと思っていたわけでもなく単純に素晴らしい女性と知り合えるチャンスがなかっただけのようです。結婚する、と知らされた際は周りの人たちも旦那も、本当にビックリしたそうです。と同時に、結婚したいと思える相手が見つかって本当によかったと、みんなが思ったそうです。40代のうちにパートナーにめぐりあえてラッキーだと主人も思ったそうです。後々、聞いたところではその男性は、どうやら諦め半分で婚活サイトに入会したみたいです。失敗を恐れず、婚活サイトを利用するのもよいのかもしれないと感じました。最近、婚活サイトが脚光を浴びるのは今、大ブームなだけはありますね。とても興味深いです。