これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

転職詐欺|シフトのある仕事についてです。

これはシフト制の仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をよく目にするのですが、休む方法の詳細やシフトの出し方については面接の際に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、以前わたしは出産のため休む人の穴埋めとして、正社員としての仕事をはじめたのですが、「土日」固定となるシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた女性が土日は休むことなく出勤していたので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人に私の代わりに出勤してもらえるように、と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、よく我慢してやってこれたと思います。

転職詐欺|数日前転職先を探すために人材バンクに登録に行きました。

先日転職先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。カウンセリングをしに出てきた担当者が見た感じ経験不足の社員のようで、こちら側が説明している話の3割もその社員はわかっていないようでした。それに加えて「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みについて考えるべきです」等、一丁前のことを横柄にのたまうからとても不愉快でした。カウンセラーはそこそこ仕事を経験している方にするべきだと思います。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。面接担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、質問されるはずです。こういった場合、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の職場の人間関係や働く環境に関しての不満を絡めた答えは、なるべく口にするのは避けるべきです。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを棒に振ってしまいかねません。面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが正解なため、本心とは違っていても、「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、真面目に取り組んでいきます。」のようなアピールの仕方が良い結果につながるのです。

転職詐欺|転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を現職と並行している人が多いです。でも、働きつつ求人情報を探しながら応募したり、面接に挑む、というのは負担がかかるといえます。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しなければいけません。

この話は兄の友人の話です。就職活動を始めて新卒とし…

こういう転職というのは兄の友人から聞いた話です。始めに新卒で入社することを強く希望していた憧れの対象であるA社の最終面接までで行ったけど不採用になって、ですから泣く泣く他の会社で働くことになりました。そのあと数年過ぎた後派遣の求人サイトをチェックしていた時A社の紹介予定派遣の求人を見つけて、いてもたってもいられなくなり当時の会社をすぐに辞め、A社で派遣での勤務を開始、やったな、と思った行動です。懸命に頑張ってその先問題なくA社で正社員として働くことができ、今では仕事のやりがいを感じながら明るく勤めています。

転職詐欺|今から転職活動を始める際に次の仕事をする前に期間があるのなら、…

今から転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」をもらっておきましょう。働いている所属する会社が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ずだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐもらえる場合があります。このとき、「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の直近の給料をもとに支給する額を算出されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

転職詐欺|自分のスキルや資格を活用しながら転職をしようと考えているのなら、…

今ある自分のスキルや資格を活かして就職活動をしていく場合、転職し易い業界とそうではない業界がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職がしやすい業界としては、たえず人材不足がいわれている医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療・介護の職種では看護師、介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて何かしらの理由によって他の業界へ転職したいと思っているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。したがって、簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職をされるのであれば、他の業界では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。