今の時代は株式・不動産投資の不労所得や独立といった生き方も増えています。

詐欺|現在は、株や不動産投資等の不労所得を得たり、個人経営 を目指す人も増えています。

今では、株式・不動産投資などといった不労所得や自営業や起業を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあり、「会社員の道こそが正義」といった見解も変わってきています。高度経済成長の頃の際には、どう転ぶかわからない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されていた。そういった成長期は過ぎ去り、現代は「成熟期」と表現されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

詐欺|少し前に転職したばかりだというのに、数ヶ月しかたっていないのに…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、あっという間に退職届を提出する人が意外と多いものです。それは心機一転、職場を見つけたというのに、「理想としていた職場とだいぶ違っていた」「職場の雰囲気に馴染めない」と考えて退職してしまうことが多いようです。でもこのような、転職先選びでの失敗を避けるためにはやはり、前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内のルール、通勤時間、など前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

一般的に見て一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか…

たいてい一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には適していません。そして、地方では転職のチャンスがずっと少なくなりそうです。けれども「製造業」に関連する企業の場合であれば、地方の工業団地などを製造工場を置いていることもとても多いです。そのような工場の場合、事業分野の拡大に伴って人員募集をすることも珍しいことではありません。その好機に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業の情報をまえもって仕入れておきましょう。ホームページを見て、人員募集の予定がないかこまめにチェックされることをお勧めします。

ここ最近の労働環境が目まぐるしく変わってきたことに関し・・

このように今の時代の企業の労働背景の大きな変化に関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど鋭く感じ取っているようです。多分、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。ですから、就業者などの労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、加えて、今後、若年層の転職への関心が強まっていくでしょう。労働市場の「流動化」によって勤め先を変えることはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんあったのです。けれども、社会の流れが変わり現在の仕事だけに執着する必要があまり無くなっているように感じます。

転職とは、企業そのものよりも、採用担当の面接官とのやり取りが重要です。

転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより、具体的には「担当面接官」との勝負が大半といえます。面接で良い印象を与えるために、はじめに面接が始まる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。たとえばお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと良いと思います。また面接を介して第一にあなたの内面的な部分をチェックされるので悪い評価になるような行動は気をつけて避けましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した整った服装で望みましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。