以前の求人情報に性別がはっきりと書かれていました。

詐欺|一昔前の求人誌に募集要項の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。

  • 前の求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、男女の求人・採用差別をしてはならないルールが決まり、応募資格の概要に「性別」が記載されなくなりました。けれども、求人情報を出す会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。そんなわけで、実は男性を希望の業種に女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といったトラブルもひとごとではないのです。たとえば、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、女性を希望しているのだと考えたほうがトラブルを回避できます。
  • 転職活動を行っていて面接時に絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていて面接時に必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、正直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由について率直に話すのは問題です。例をあげれば収入に対する不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そしてさらに、この会社に入社してこんなことをしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 一度、転業を意思を固めたのなら、周りには内密にその気持ちがばれないように・・

  • 例えばあばたが、現職からの転職を決断したなら、周りにはこっそりとそれを伝えずにうまく転職活動していき、働いている間は周りの人に悟られないよういつもと同じように振舞うのがたいへん利口です。転職先が決まっていない間、この状態を維持していれば、もしも転職先探しに容易に見付けることができなくても、転身の予定を見合わせながら、今の職をそのまま続けても簡単にできます。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、それを受けた態度を取り始めます。そして周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あの人は辞める人」と受け止められます。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人は「一度は退職しようとした人」ということで仕事を続けている限りは、立場が悪くなると感じるリスクもあるでしょう。
  • 一昨日転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 数日前仕事を探すために人材バンクに登録に出向きました。そのとき登録カウンセリングを行うために現れた担当の方がどうも仕事に慣れていない社員のようで、私が説明していることの2分の1もわかっていない感じ。おまけに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと強みと弱みを知っておくべきです」とか、何もかもわかっているかのように横柄にのたまうので大変不快でした。カウンセリングをする人はある程度社会人を経験している人にするべきだと思います。
  • 現在あなたが、「転職サイト」を活用して自らの働き方に近い条件・・

  • 新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトを活用して自分にぴったりのストレスを感じずに働ける仕事情報を見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、そこで紹介される求人情報は、誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比較対象にならないほどたいへん高品質といえます。加えて、あなたに相応しいものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、良質な案件をあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、自力の力で最初から探す手間を考えれば、非常に効率的です。ですからたいへん確実です。