再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫です…

再就職の面接に関してですが企業側からクールビズで来てください・・

職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくださいと事前に言われる場合もあります。しかし、クールビズで伺うのは失礼なのでは?と疑う人もいます。そのような思いを心に持っている方においては、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われているのなら、言われたことを素直に聞き入れたほうが正しいです。考えすぎて、夏の暑い時期にびしっとスーツを着込んでいくと不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。

転職詐欺|転職しようと考えている会社の見学ができれば、かなり参考になります。

転職候補に挙がっている会社で見学などがあれば、非常に参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」のいる会社なら、スキルを近い距離で見られるので楽しくもなります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、本当の仕事風景を見せてくれることはまずありません。例えると、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、実際の姿はわかりません。そのため、見学だけの仕事だと決めつけないことがとても賢明です。さらに、見学の時に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、ハッキリ言うと「論外」です。雇用契約を結んでいない人にはもし問題が起きたとしても、保障などありません。仕事体験ができる、と言われても角が立たないように断るようにしましょう。

転職詐欺|転職を考えているなら、まめに多様な会社の採用情報の詳・・

転身するつもりなら、労を惜しまずにさまざまな会社の情報を定期的にチェックすることが、就職先の労働環境の見極めがしやすくなります。現在の仕事に満足していないケースでは、本格的に転職活動を開始した時に、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そうなると、どの企業を選択するべきか、わからなくなり、選択を間違える可能性も少なくありません。よって、最終的には直ぐに嫌になってしまうこともあるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」も気にしておきましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、そうでは無い会社は傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから覚えておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

転職詐欺|雇用期間中は、なるべく同僚に悟られないよう、(自身の…

在職期間中は、可能であれば、会社内の人にバレないように(自身の場合)在職期間中に転身の考えを早いうちに同僚に話してみました。にもかかわらず、その後転職サイトを必死に色々とみていったのですが、思いとは裏腹に就職先やタイミングすら計画も立てずに煮詰まっていないままダラダラ時間が過ぎてしまいました。その一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経たあと、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

転職の際の面接では、小規模業者クラスの場合概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、…

転職のときに行われる面接というのは、中堅企業だったら大体は「人事」が面接担当ですが、100%ではないのです。直接、一緒に仕事をする部署の責任者、かいつまんで言えば管理職である課長や部長が面接をしてくれることもあります。とくに事務職や営業職といった部署に転職する場合は、資格だけでは人の判断をするのが難しいですから、自信をもって自分自身を売り込んでいくようにするべきです。面接官から「この男はハッキリ主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

転職詐欺|かつては求人情報に雇用側が必要とする「性別」につい…

かつては求人情報では、雇用主が必要とする「性別」について、書かれているのがほとんどでした。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女差別が雇用の際にしてはならないルールが敷かれ、求人情報に男女の性別を記載しないようになりました。でも、求人情報を出す企業は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。なので、男手を必要とする案件に女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのがトラブルを回避できます。

就職活動時に気を付けたほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよ・・

就職するため職探しをする際に特に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束される時間が長めのものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を含んでいることが非常に多いです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間・45時間という風に求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料形態に残業代を組み込むというシステムになります。(この仕組みは合法です)『みなし残業代50時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という意味になります。ただし、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』を記載していないことも少なくないのでよく気を付けてください。