再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」のように、…

仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」におい…

  • もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」において大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと思っている方も少なくありません。最近は転職サイトを活用すれば、郊外や地方での求人情報にも容易に得ることができますが、ですが、郊外や地方での求人は大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないので、その点がマイナスといえます。したがって求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもよくチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートのイベントにも見逃さないようにしましょう。
  • 再就職しようとする場合書かないといけない履歴書においてですが・・

  • 転職をしようとする時に絶対に用意しないといけない履歴書においては、原則的には自筆ではなく、パソコンで作成するというのが大多数です。今現在の日本においては履歴書は手書きで書くというのが一般常識だと思われるようですが、それは新卒の就活やアルバイトに関してであって、実際には、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は絶対に手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の方を高く買う会社もあるようですが、そうじゃないケースがだんだん多くなってきていますから、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でもよろしいケースは多くあるのです。
  • 転職詐欺|「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、決まった…

  • これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。特定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方についてはチェックしておいたほうが良いです。前に私は出産のため休む人の代わりにと正社員として入社したのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身もそう思われていたみたいです。「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上の人たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返すとよく我慢したなと思います。
  • 先週転職の準備をしておこうと人材バンクに登録をしに足を運びました。

  • 数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そこでカウンセリングの際に出てきた担当の方が見た感じ入社して間もない新入社員のようで、こちら側が説明している話の3割も彼は理解できていない模様。おまけに「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておく必要性があります」等、わかったふうに横柄にしゃべるので非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人は多少はカウンセリングの経験がある人にしてほしいと思います。
  • 転職詐欺|転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事担当から「転職の理由は何ですか?」という風に、高確率で質問されます。この時、どんな訳があっても、前の職場の人間関係や労働環境についての不満やトラブルを絡めた返答などは、可能な限りやめておいたほうが良いでしょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用の可能性を無駄にしてしまうことになります。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが重要で、事実とは異なっていても、「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来形での話ぶりが求められます。
  • 転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。しかし、仕事を行いながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接に臨むのは精神面も肉体面も負担が大きいです。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、そうではなく直接応募していた場合も相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識を持つことが大切です。
  • 転職詐欺|こういう転職という話は友達の話です。

  • こういう転職という話は友達から聞いた話です。始めに在学中の就職活動でなにがなんでも勤めたかった目標であるA社の入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、その先泣く泣く他の会社で働くことになりました。数年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックする中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、いてもたってもいられずその時の会社をすぐに辞め、派遣という形でA社での就業を開始しました。勇気がありますね。真剣に頑張ってその結果計画通りにA社で正社員として働くことができ、今となっては仕事に生きがいを感じながらいきいき勤めています。