新しい職場(転職先)では、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

新しい職場(転職先)では、「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職を考えているのならすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。転職した初年度は、ほとんど「試用期間」を含んでいる企業も可能性が高いです。自分の例では、苦労の末転職して年収が前職での稼ぎとあまり同じで変わりませんでした。加えて、仕事はキツく、たいへん責任が伴うもので、1年目をクリアするのにやっとの状態でした。そのような経験をしてみると、転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、可能なかぎり転職する以前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職詐欺|転職先を探すにあたって、当然仕事におけるやりがいアップも大切だけ…

転職先を選ぶとき、当然仕事のやりがいアップと一緒にそれだけでなく給料アップも大切なポイントなので「年収サイト」というところに登録をしてあらかじめ調べています。同一の会社でしかも全く同一の職種、社歴なのに人によってとても違いがあることも複数あり、正直に言うと面接の際質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトをチェックしていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた側も誰であるのかある程度は見通しがついているんですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

転職詐欺|職場環境のせいで回復が難しいほど心的にとてもつらくなってしま…

仕事によって回復が難しいほど精神的に自分が苦しくなって転職しなくてはいけない状況になったのなら、そのときは、職場の人と相談していくより身内と相談し、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜなら、働くのは当事者であるあなた自身のためでもありますが、家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どれだけ高給をとっていても精神がダメージを負うほど働きつづけるのは、良い訳がありません。今の時代は、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先しても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの身内、あなたの心と体を大事にしましょう。

転職詐欺|転職のための企業での採用面接でのやめておいたほうがよいのは…

転職活動中の企業の面接に関して、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりしていると、思いのほか逆効果です。ですから、思い切って面接時は、「ボーナス」といったような、多くの人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し率直に質問しておいた方が、結果的に絶対に自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経なそのような質問をすることで最終的に悪い結果になるのではないか」と危惧するかもしれません。しかし、意外なことに、面接官に良い印象を持ってもらえる場合が多いようです。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。けれども、多数の人が気を遣いはっきりと聞けないものです。なので、一歩踏み出しておくと、「こいつは他と違う」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

転職詐欺|転職の採用面接を受けるためある会社に赴いたときのことで…

転職のための面接を受けに転職したい会社へ訪ねました。その日に限ってその会社の部屋が空いていないということで社外のある場所で採用担当の人と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散をして、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が私と同じ。なので電車の中においても面接を行った人とずっと話しながら帰宅することとなって、打ち解け話が盛り上がり、それが良かったからなのか幸運にも採用を勝ちとることができました。

派遣社員であったとしても、1年ごとに自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと…

派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職で気付かされました。新婚した後、生活が落ちついたあとすぐに子供を持ちたかったので、子供ができるまでの間のために数年ほど今の仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、年収は安かったですがやはり家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。ところが、いざ入社後、一緒に働く人たちのほとんどが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員だからといって、すぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、悩みが増えました。

転職で面接でかなり高確率で問いかけられるのが辞職した…

再就職の面接でほぼ確実に投げかけられる質問が前職を退職した理由についてですが、この質問が出た時には話の内容を前の職場にしない方が安全です。辞めた経緯を的にしてしまうと絶対に良くない面を含んだ内容になってしまいます。どういう風に進めればいいかというとなぜ前職を退職したかという点をこちらの会社になにがなんでも入社したい理由があったからという感じにできたらベストという感じで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社に話を向けるべきです。こういった話ならば、悪い面ではなく好印象の以前の会社を辞めた理由に変えることが可能です。