新しい職場(転職先)では、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職先にて、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社して1年目はほぼほぼ試用期間が入っていることもあるのです。自分の転職して新たな仕事をした時は、せっかく転職したのに、悲しいかな前の職場での年間報酬と大方同じということがありました。そればかりでなく、業務はかなりキツく、たいへん責任を伴い1年目を越すのもやっとの状態でした。そうした実体験から転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、なるべく転職するよりも以前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

詐欺|再就職の時にする面接では会社側からクールビズでもOKと…

再就職をする際の面接での身なりはクールビズ可とと事前に連絡が来るケースもあります。ですが、クールビズのスタイルで赴くのは悪い印象を与えるのでは?と思ってしまいます。クールビズの悩みを懐に抱いている人に進言したいのは、企業側からクールビズで来るように言われた面接のときは伝えられた内容を守った方が大丈夫です。色々悩みすぎてしまい、夏の真っ盛りの時期にきちっとしたスーツの格好をしていくと相手に不自然な印象を与えてしまいます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

詐欺|就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接時には、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。このとき実際の年収を多く偽って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんどありえません。今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

転身を予定しているのなら、多種多様な企業の募集案内を日常的に調べたり比較したりしてお・・

転職しようと思っているならまめに多種多様な企業の情報を日常的にチェックしておけば就職先の判断がとてもしやすくなります。今の職場を不服だと思っているケースでは、いざ転職活動を開始した時、どんな企業でもいいように見えます。そんな状況に陥ると、どの企業を選択していいのか迷ってしまい、判断を誤る可能性も少なくありません。したがって、短期で不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。良い方法は、転職したい会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

詐欺|退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

転社を度々しないためには、少しコツがいります。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返しません。現在は、ネットを使ってメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。加えて、転職とは全然違う行動でも、精神面を強化することができます。何かと言うと「海外旅行」です。海外に旅行に行くと文化も言葉も違うので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に臨めば、今までとは格段に違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職直後は精神的に弱っている人が多いので今後のために休みも必要です。