新卒採用で入社した会社を退職し一歩踏み出して転職を決意しました。

詐欺|新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職を決意しました。

新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職をしました。退職した後は人生でもっとも悩んでばかりでした。しかし、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動中に学び、自然と不安が消えて、安心しました。1度、転職をするとなにか気持ちが楽になり、自分のしたい仕事を見つけることが喜びになっていきました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」というような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の場合は間違ってなかった、と思っています。

転職を行うにあたり、今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが…

転職するにあたって、今働いている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もしあなたの意志で退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の場合は、すぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則を知らない人が、本当はもらえるはずだと言い張ってその結果ハローワークの保険担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。加えて、自己都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のケースでは、失業が認定されればすぐに失業保険を受け取ることができます。

転職活動を進めるには、準備は欠かせません。

転職活動には、相応の準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に見える「ファッション」は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。…が、昨今の、企業面接では形式ばらない服装を許可している会社もあるので、スーツでなくては、と考えて面接に行く必要がないケースもあります。とくに会社の設立間もない企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。また、私服だと面接時に、ファッションの事で話題が広がることがあるので、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。これから転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

詐欺|昔務めていた会社でつらく当たる上司に悩み、最後にはこれ以上は無理だと思いその会社を退職し…

勤めていた会社で感じの悪い上司に悩み、ついには耐えきれなくなりその会社は辞め、他の同業の会社に乗り換えました。いやらしい上司もおらず非常に満足の毎日でしたが、緩やかに業績が悪化して、結局は経営統合されました。偶然にもその経営統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、非常に嫌いだった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょう。言うまでもありませんが新たな転職活動をし始めています。

転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される数も多くなるの…

「転職サイト」は、大手のほうがたくさんの会社が掲載されているため、気に入った2~3社を、ともかくサイトに登録して、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、加えて条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職情報を集めることが可能です。ただ、最初に限っては登録するのが非常に大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録の初日は、少々時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが得策です。