自分が転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。

転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 以前はかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても色々あって大抵はいまいちだと感じる方ばかり。私にとっては人生の大事な事なのにもっと真摯に向き合ってほしいという欲がいっぱいになり、それが理由で自らキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。その資格取得までには経済的な負担も増えましたし勉強においてもかなりヘビーだったわけですが、求職者から信用されるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。
  • 転職詐欺|大半は大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。

  • 一流企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そのうえ、地方でとなるとその見込みが低くなるでしょう。けれども「製造業」の場合であれば、地方の工業団地付近に工場を持っていることも多々あります。さらに、そういう場所では、事業拡大とともに「途中採用」をしていることが多々あるので、そういった機会に転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいなら、転職を希望する会社の情報を収集しておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人予定の予定はあるか、ちょくちょくチェックしてみてください。
  • 転職詐欺|もしあなたが、現職からの転職の決定したなら、会社の人間に…

  • もし、転身の決めたのなら、徹底的に一緒に働く人にはその気持ちを教えないように首尾よく活動していき、転職先が決定していないのなら、会社内の人に気づかれないようにいつもと同じように振舞うのがたいへん賢明です。その状態でいれば、仮にいい働き先が行き詰ったとしても、転身の予定を先送りにしつつ、今の職をそれまで通りに残っても心配がありません。でもついつい「転職するつもりでいる」と口にすると、同僚はその言葉に合わせた態度を態度をし出します。また社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲には「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そうなると、転職したい思いがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている間、立場が悪くなると感じるでしょう。
  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向くときに…

  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接を受けに行くときには、やっぱりジャケットは着て行かなくても安心であるとはっきりとわかるのですが、ネクタイはしておいた方が印象が良いです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社もあることもなくはないです。ですが、ネクタイにおいてはクールビズであってもすべきだと思っているところがまあまああります。それゆえ、クールビズの恰好でもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が安全だということは知っておいてそんはありません。
  • 女性が転職するに当たって、ここ最近と一昔前では少し状況が変わりつつあります。

  • 女性が再就職する時、近年と一昔前では少し違いがあるようです。一昔前は面接のなかで会社側から、結婚観や出産後の考え方などに関して、一般的なこととして女性たちへ質問していました。しかし、最近では、そういった内容はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業、が増加傾向にあります。また、名の知れた大きな会社ほど、かなり神経質になっています。けれども実際、企業側は、はい・いいえ、の2択でなく、その人の姿勢結婚後も働きたい、出産後の具体的な予定を当然、把握しておきたいとは思っているものです。自身の価値観を知ってもらうためにも、自己PRや志望した動機と混ぜながら話すことで会社側にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると考えられます。というワケで、質問されていない箇所についても、こちらが先んじて企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。
  • 転職詐欺|派遣会社を介して働く人が規制緩和の後、増えています。

  • 派遣会社に登録して仕事をする人が最近では増えています。派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかをなるべく面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を天引きする仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、あまり情報開示をしない業者が多く、酷い派遣業者では、3割しか労働者に還元しないということも決して少ないとはいえません。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できることなら異なる派遣業者で登録されることを推奨します。
  • 職を変えると、大体の場合、前の仕事のたいていの出来事は美化されます。

  • 転職後は、高い確率でそれまでの仕事でのほとんどの出来事は美化されます。実のところ今の仕事が問題点があるから、次の仕事を見つけてやっとのことで退職を決め、転職を決めたはずなのに、時間の経過とともに不思議と新しい会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と感じることが増えてきます。というのも普通で、前の職場では日々の業務に慣れていてさほど苦労なく毎日仕事が淡々とこなしていたのが、根底にあると思います。でも、「退職などするべきでなかった」というほど、過去の会社のほうが高く評価されていたことがあります。