詐欺|仕事を始めてすぐはいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

新しい仕事についてすぐはすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職の予定があるのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、転職して1年目はおおむね「試用期間」が含まれている場合が多いものです。私の事例では、苦労して手にした職場だったものの、悲しいかな前いた会社での年間報酬とあまり同じだったことがあります。さらに、仕事内容はとてもキツく、かなり責任のある立場で最初の一年を乗り切るのにひどく労力を伴いました。そのような実体験をしてみると、1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、極力転職前にお金をためておくべき、と思います。

    転職の面接において会社側からクールビズでも大丈夫で…

  • 転職をする際の面接でクールビズで良いとと連絡が来るケースもあります。ですが、クールビズの格好は減点対象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを心に感じている人にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接なのであれば、書かれていることをそのまま守った方が確かです。疑心暗鬼になってしまい、真夏でありながらスーツをびしっと着る格好をすると不自然に思われます。ですから、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

    詐欺|就職活動において、年収はとても大切な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接では、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収より多く言って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず後からバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はまずあり得ません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

    詐欺|再就職を視野に入れているなら労を惜しまずに様々な…

  • 転身を近いうちにするつもりなら、たくさんの会社の採用情報の詳細をチェックしておくと転業先の選択をするときに役立ちます。あなたが現在の職場を不服だと思っているなら、実際に転職活動をするときに、どの会社も魅力的です。そのような状況下では、どの企業を選択するべきか、わからなくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。そうすると、ごく短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

    退職と転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職と異なる行動をする事も精神面を鍛えさせてくれます。その典型例が「海外旅行」です。海外に旅行に行くとはじめて目にする光景もたくさんあったりと、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、「世間の小ささ」というものを実感することができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかし、退職してすぐは、精神面がもろくなっている人も多いのでほどよく休むようにしましょう。