詐欺|実際に失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になります…

失業保険の給付においては、職探しをしていることが条件になります。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが、そうだとしても、現実は「今まで忙しすぎたので、とりあえずは仕事をせずにゆっくりしたい」と思う人が多いはずです。なので、本気で求職活動をしているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行くのはあたりまえですが、そこで、求人票を閲覧することが最低限やっておきましょう。実際には探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワークスタッフとの面談にて、「自分に合った仕事、希望する仕事が見当たりませんでした」と話して、次の機会を探すというやり方もあります。

  • 詐欺|これはシフト制の仕事に関する話です。

  • 「シフト制」がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を面接時に確認しておいたほうが良いです。私は過去、産休で休む人の代わりに正社員として入社したのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い出すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

  • 求人関連の広告には、大部分の場合はまともな職場では月の給料の記載に目が行きますよね。

  • 求人についての広告には、多くの会社では月の収入が記載されているはずです。しかしこの月収の項目を頭に入れる時には、深く確認する事が必要です。多い少ないだけで納得しないほうが無難です。企業によっては、月収の金額のなかに「毎月30時間の残業」が含まれているかもしれません。要するに残業代を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあります。だから、そういった「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 派遣会社を利用して仕事をする人がだんだんと増加しています。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人がだんだんと多くなっていますが、派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをできるだけ面接の際に確認しておくべきです。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りに、手数料を天引きするシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、情報開示をしてくれない業者も多く、酷い場合は、3割だけしか労働者に還元しないことも多くあります。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できるならそこでの登録はやめておきましょう。

  • 詐欺|求人に関係する情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人をチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人というのは、「製造業は現場で製造する仕事しかない」と誤解しているはずです。製造業の求人であっても経理、人事、総務などの従業員募集から、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署も結構な数あります。しかし、製造業にはありがちですが、ビジネス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。けれど、自らのこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。