詐欺|政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について・・

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」など、多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに今までにない変化が具現化されてきています。その作用もあって民間企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。なお、外国人の労働者を現状よりも増加させていく、と現政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も変化していくのは間違いありません。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。しかし、働きながら求人情報を調べて応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて負担がかかるといえます。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接の連絡が来た後で事態すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、そうではなく直接応募していたとしても、応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておく必要があります。

現在の自らの仕事や職場に関して、何かしらの不満があるはずです。

今現在のあなたの勤め先や仕事の中身について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身の持っている資格やスキルを真摯に評価してくれない」したがって、「月給アップもないし、将来的な出世も期待できない」と言う不服を漏らす人もいます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分自身の持っている手腕を過大評価しているケースが多いものです。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職の空白期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。ですから転職で成果を上げるためには、実際の自分のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

自身のスキルを活用しながら再就職する場合は、再就職がしやすい業界…

自分のスキルや資格を武器に就職活動をしていく場合、比較的、再就職しやすい業界とそうではない業界がある事を認識しておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」がおなじみですね。それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須であるため、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、理由あって他の業界に転職したいと考えているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、スタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。なので、容易に考えないことが大切です。異業種への転職を希望するなら、異業種ではなかなか厳しいものになると覚悟しておきましょう。

年内中に転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方…

転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方は必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は所属する会社がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、誰でも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れる可能性もあります。このときの、支給される「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の給料がもとになって割り出されるので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。