詐欺|現実に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることが条件になります。

詐欺|実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。そうだとしても、実際は「今まで忙しすぎたので、しばらくは自由に過ごしたい」のが本音でしょう。ですので、しっかり働き先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのは当然ながら必要として、そこで、「求人票」をチェックすることを最低限やっておきましょう。本気で探すモチベーションがわかないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワークスタッフとの面談にて、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が意に反して見つかりませんでした」と言って、次の機会を探すという方法もあります。

  • 詐欺|これはシフト制の仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についての話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方をあらかじめ確認しておきましょう。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として働き始めたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。前にいた人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。思い出すと本当によくやってこれたなと思います。

  • 詐欺|求人広告には、たいていの企業では月の給料が明記されています。

  • 求人についての広告には、まともな企業では月の給与等が記載されています。ただしこのポイントを確認する際は、注意深く確認する事が大事です。その多い少ないだけで判断しないほうが無難です。案件によっては、月収の金額の内訳に「毎月10時間の残業」が含まれているかもしれません。つまり残業代の金額を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとする所があるからです。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる会社もあったります。ですから、そういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が近時は増加する傾向にあります。

  • 派遣会社を利用して仕事をする人が規制緩和以来、増加しています。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかを可能であれば面接時にたずねておきましょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その対価として手数料をもらうシステムで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが情報をひた隠しにする業者も多く、ひどいものだと3割しか支払われていなかったということも多いです。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、極力違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

  • 求人を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、…

  • 求人関連の情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業はチェックしない人がいますが、そういったことをしている人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って解釈しているケースもあります。実際に、製造業であっても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に準ずるお仕事もたくさん存在します。でも、製造業の職場はオフィス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですからアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。ただし、自身のこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。