詐欺|真面目に結婚しようと考えていて、結婚活動(婚活)に本腰を入れているとした・・

詐欺|真面目に結婚しようと考えていて、婚活しているのなら、…

あなたが真剣に結婚するつもりで、結婚活動中だとしたら、自分の性格について理解しておく必要があると思います。愚痴が多いとか自己中心的、などといった性格が悪いといったことではありません。自分自身の「メンタルの強さ」についてです。自分自身の「精神的な強さ」に関しては、見直しておいた方が良いです。私自身も、そういう意味での性格に問題があると薄々分かっていたので、必死で改善しようと努力していました。自分に問題があるとわかったのは、婚活中に相手から距離を置かれることが何度もあったためです。性格を改めるためには、とにかく自分を信じてあげることです。自分を認めてあげることは、精神的な強さや自信にもつながります。自分に自信を持っていないと相手にもそれがバレてしまい、一緒にいても楽しくない人として距離を置かれてしまう可能性が高いです。私は、気持ちが弱かったことで、失敗の原因になっていたと思います。それで、自分に自信を持てるようにしようと思いました。ただ、自信を持つだけでは結果は変わらないので、「自分磨き」をしつつ、気持ちを強くしていきましょう。そのうえで、自分を信じて行動することが大切です。

以前、地元が主催している結婚活動のイベントに出席したことがありますが、そのときは…

以前、私は地元が主催している結婚活動目的のイベントに出席したことがありますが、そのときは私自身でも満足のいく、良い結果を残せました。その結婚活動(婚活)を目的としたイベントでは一つの職種に限らずいろんな仕事の人が集まっていたのですが、普段、あまり接点のない相手とも話ができたし非常に楽しめました。様々な話しをしましたが、男性との会話ははずんだのは恋愛について話しをした時でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観に関してだいぶ真面目に話したのですが、その影響もあり、私はかなり真面目なタイプとして捉えられていたようです。私が真面目なタイプに見えたことが良かったのか、男性からの受けが良かったのです。結婚活動(婚活)関連のイベントでは自身の誠実な姿勢を違和感なくアピールできれば結果が出ると感じました。

私が結構長い間、結婚活動をやっていてハッキリ理解できた事があります。それは、…

私が長く婚活を続けてきてわかった事があります。それは何かというと、看護師、保育士のような職業は、男性受けが良いけど、医療関係者、介護職員といった業種は男性からの受けが悪い、ということです。派手な雰囲気をもつ女性よりも、地味で暗い女がモテる。地味で控えめな雰囲気を持った女性のほうが有利。そのうえ、すごい美人より、かなりブスな人よりも、いい感じのブスな人に人気が集中する、ということなんです。婚活で開催されるパーティーや合コンでそういったカップルがよくいます。「この人は、なんだかパッとしない暗い感じがするなぁ」と見ていて感じるのに、「看護師やってます」と言えば、異性からの人気を勝ち得てしまうから、面白いのですが、納得できません。男性が看護師(保育士)に興味をそそられる理由は何なのでしょう?少し前に合コンに参加した時、私と意気投合していたはずの男性を遅刻してきた女性(看護師)に奪われてしまいました。思い出してみても、かなり悔しいです。

これから会うのが婚活でするパーティーと違いお見合・・

男性と会うのが婚活でやっているパーティーと異なりお見合いは衣装のお金もそれなりにかかります。というのも、お見合いの場所というのは高級ホテルのラウンジとか喫茶店が多く、適当な格好ではお出かけすることができないためです。婚活パーティーだと、カジュアルであってもデニムやスウェットなども女の人らしく見た感じが下品に見えさえしなければ問題がないのですが、高級ホテルに出向くとなるとそういった訳にはいきません。コーディネート的には安っぽくないワンピースや上品なスカート、それに合わせて靴もヒールを履きますし、華やかさを増すアイテムであるアクセサリーも欠かせません。それにカバンに関しても小さめのハンドバッグ、など、普段カジュアルファッションが好きな女性ならないものばかりで困ります。もちろんお茶代は男の人が持ってくれますが、女の人はある程度衣装代に関する経費については、しっかり頭の中に入れておく必要があるでしょう。

詐欺|本気で、婚活をスタートするつもりなら、また、すでに結婚活動している最中で…

本気で、婚活をスタートするなら、または、すでに結婚活動中で円滑に進めようと思っているのなら、費用の管理を徹底する、ということを考えておきましょう。なぜかというと、せっかく訪れたチャンスを無駄にしてしまう、ことになる可能性があるからです。多くの人が、お金に余裕があるときは、さほど気にしたりしません。だけど、重要なときに使えるようにある程度は貯えておくべきです。気に入った相手に出会えたとしても交際費が不足してしまっては、困りますよね。それに、交際費すらない、ということが相手に知れたら金遣いが荒いんだ、と経済的な面でまったく信用されずに距離を置かれてしまうかもしれないのです。そうなってしまうと、結果的にはもしかしたら成功していたかもしれない婚活をダメにしてしまいます。そういった事態を防ぐためにも、交際費だけはいつも確保しておくこと、が重要なことです。30,000円くらいは常時財布から出せるように意識し、生活してみましょう。