転職活動における最後に残る厄介な問題として、今の会社の退職があります。

詐欺|転職活動を行う上での最後の難関として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。

  • 転職活動を行う上での最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があります。転職先の企業がOKしても、現在働いている企業があなたを放出したくないとして慰留することは多々あります。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強い意志を貫くことが大事といえます。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意しましょう。そのあとで、決定権のある上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動の重要なポイントです。

  • 再就職する時に書く必要がある履歴書などについては、原…

  • 転職の際に準備しないといけない履歴書や職務経歴書などに関しては、ほとんどは自筆ではなく、パソコンで作るというのが通常です。今現在の日本においては履歴書はパソコンを使わずペンを使って書くというのが当然と思われることもありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートについてであって、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないと断言はできません。手書きの履歴書の方を良しとするところもあるようですが、違う会社がどんどん増えてきているようなので、パソコンで作成した履歴書でも良いとする企業は意外にもかなりあるのです。

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

  • 今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に行う会社も増えています。特許を出願したことのある人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、メディアで話題になった人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの勧誘をされた場合は、そのような心当たりを考えましょう。たまに、ヘッドハンティングと称して、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、その手の会社は確実にサギであるので引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 詐欺|転職の際、派遣社員」で考えている人にチェックしてもらいたい…

  • 転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしていただきたい点があります。一般的に派遣というと、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をのようなものをぼんやりと想像した人がおそらく多いはずです。私自身もまさにそう思っていました。現在働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。が、実際に仕事に就くと、まさか辞めた正社員さんの穴埋め業務を要求されました。毎回振り回されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々とても困惑しています。今はただ「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 転職活動を行うのに、勤務している会社を辞めてからという人もいますが、…

  • 転職を考え始めたときに、今の会社を辞職してから転職しようと考える方もいますが、そういった場合にはボーナスのことを考えておきましょう。ボーナスの支給がある会社はたくさん存在しますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出る時がもうちょっとならば、ボーナスをもらった後で退職届を提出するという方法も悪くないです。ボーナスはそれなりに額が大きいので、もらった方が良いとはっきりと言うことができますから、会社を辞める決意をしたならボーナスが支給される日について確実に把握しておくともったいない思いをしません。